スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アブのメンテナンス

  • 2015/09/22 22:22
  • Category: 道具
最近、アブのリールを使っている人から、釣行後の手入れはどうしてますか?
と言ったことをよく聞かれます。
私は結構大雑把ですが、以下の感じでメンテと言うか、手入れをしています。
このやり方はかなり賛否両論かと思いますので、オススメはしません。が、
確実で簡単なメンテだと思います。

tsuriblo0135.jpg

まず家に帰ったら、リールをばらします。と言っても、ハンドル側のビスを緩め、
スプール、シャフトを取り、洗面器に張った水の中に入れます。

tsuriblo0136.jpg

よく、水にどぶ付けは良くない!と聞きますが、実際、このリールは元来、水が
入る構造なんです。従って、ちょろちょろ流した水で流したとしても、塩分は完全
に抜けません。ですので、私はこの方法でメンテをしています。
しかもこの6500CSブルーシルバーは、淡水用のベアリングを採用しています。
真水でしっかりメンテしないと、ベアリングが錆びちゃうんですよね。。。
そもそも、このリールをカゴ釣りでは使わないか?!・・・。

tsuriblo0137.jpg

しばらく水に漬けて塩を抜いた後、雑巾の上に置いて乾燥させます。乾燥期間は
1日から2日です。ただ、これでも乾きにくいです。もっと乾燥させた方が良いかも
しれません。

tsuriblo0138.jpg

乾燥後、ミシン油を挿していきます。ミシン油は適度な粘度と安価なのが魅力です。
ちなみにこのミシン油は、ホームセンターで200円ほどで購入出来ます。
CRC等では揮発性が高いためNGです。アブの純正オイルも良いのですが、いかんせん
高いです。。。

ベアリング、ハンドル部、レベルワインダー等へ丹念に注油します。

tsuriblo0139.jpg

tsuriblo0140.jpg

tsuriblo0141.jpg

最後は組んで終了です。
釣行後の簡単なメンテで、次回も気持ち良く使えます。
よく中古の6500を見ますが、フット部に錆が出ているものを見掛けます。何だか、もったい
なさを感じます。
ただ、これだけでは不十分なので、定期的に全部バラしてメンテをしています。もうひとつの
アブも同じようにしています。きれいになったリールを眺めていると、ついつい酒が進んで
しまいます。

また、全く別の話ですが、私はバックラッシュ防止のために、糸は規定の長さまで巻きません。
大体、7~8割でしょうか。これだけでもバックラッシュの防止効果は大です。
悩んでいる方がいましたら、是非試してみて下さい。

大雑把なメンテ日記でした。

スポンサーサイト

リールのプチカスタム!!

  • 2014/09/15 21:00
  • Category: 道具
先週末は釣りに行けず・・・。
そこで、かねてから計画していた、リールのプチカスタムを行うことに。
この間、熱海に行った時、水面下にたくさんアオリイカの新子が泳いでいるのを
目にしました。
そこで、今回のプチカスタムを思いつきました。

tsuriblo0100.jpg

この12アルテグラをエギング仕様にします。
あまり使う機会がなく、どうしようかと思っていましたが、色々調べると・・・、

tsuriblo0099.jpg

13セフィアBBのハンドルがポン付けで装着が可能だということが判明!!それも
そのはず。この二つのリールは基本構造が一緒なんですねぇ~。お互いねじ込みの
ハンドルですし。

tsuriblo0098.jpg

二つのハンドルを比べてみると、いや~、ほとんど同じです。ほとんどではなく同じ
ですね。

tsuriblo0101.jpg

ついでに、椿研究所のリールスタンドも装着しちゃいます。
まあ、セフィアのグリップのキャップが赤なので、リールスタンドも赤をチョイス!!
これでバランスが取れそうです。

tsuriblo0097.jpg

tsuriblo0096.jpg

とりあえず、これで12アルテグラがエギング仕様になりました。なかなかいいです。
秋のエギングシーズンが楽しみです!


椿研究所 おまもり君 アイ調整付椿研究所 おまもり君 アイ調整付



商品詳細を見る

世代交代

  • 2012/01/11 22:07
  • Category: 道具
tsuriblo0091.jpg

遅ればせながら、本年も宜しくお願いいたします。

今日は、世代交代のお話しです。

このブログを始める前から、釣行時のお供だったPENTAX Optio W90が
この度、その使命を全ういたしました。
幾重にも砂塵に埋まり、海水での荒行、防波堤コンクリートとの格闘など、
私にいつも付き合ってくれました。
まだまだ使えそうですが、ここは大事をとって引退させることとしました。

そして二代目は、今をときめくオリンパスです!その名はTG-610!
一世代前のモデルですが、タフさはW90と比較しても劣りません。
今年はこのTG-610と共に、釣りに出掛けたいと思います。

遠投カゴ釣り用ウキ作り!

  • 2011/12/03 12:57
  • Category: 道具
今日は朝から雨降り。おまけに風も強いことから、釣りは諦め、遠投カゴ釣り用のウキ作りをしました。
以下、私の手順です。

tsuriblo0073.jpg
まずは、材料と道具です。
・ウキボディー用の軟質発泡材
・羽根用のポリカーボネート板(厚さ0.5mm)
・羽根固定用ソリッド
・ウキ用カーボンソリッド(バランス錘付き 1.8mm)
・プラ製ソリッド(※軟質発泡材に付属)
・羽根用カラースプレー
以上が材料です。以下、道具です。
・定規
・カッター台
・油性ペン
・瞬間接着剤
・エポキシ接着剤
・サンドペーパー
・はさみ
・カッター
・ヤスリ
となります。

tsuriblo0074.jpg
最初に発泡材をはさみで切ります。
今回は、錘負荷10号のウキを作ります。
発泡材の径は25mmです。
大体ですが、15cm程度の長さです。

tsuriblo0075.jpg
切った発泡材をウキの形にすべく、カッターで削いでいきます。
この後、念のためにカーボンソリッドを仮付けし、10号の錘を付けて、風呂で浮力の
確認をします。

tsuriblo0076.jpg
カッターで削いだ後、サンドペーパーで形を整えます。
サンドペーパーを使用すると、発泡材が毛羽立ってきます。
そこで、ガスコンロの上で熱を加え、余計なものを処理します。
ここで、火力が強かったり、火に近づけすぎると、発泡材が変形してしまうので
注意が必要です。

tsuriblo0077.jpg
続いて羽根の製作です。
あらかじめ、厚手の紙で型紙を作っておきます。

tsuriblo0078.jpg
型紙に沿って、ポリカーボネート板に油性マジックで羽根の切り取り線を書きます。

tsuriblo0079.jpg
羽根を1枚づつていねいに切り取り、接着性の向上と、塗装の乗りを良くするため、
表面全体をサンドペーパーで削ります。

tsuriblo0080.jpg
続いて、市販の羽根固定用ソリッドを用い、羽根を固定します。
このパーツはホント、重宝します。
きれいに羽根が付けられるので、オススメです!

tsuriblo0081.jpg
写真のように、羽根固定用ソリッドに瞬間接着剤で羽根を付けていきます。

tsuriblo0082.jpg
羽根の取り付けが完了です。

tsuriblo0083.jpg
瞬間接着剤のみの接着では、羽根が取れてしまうので、エポキシ接着剤を塗布し、硬化
させます。

tsuriblo0084.jpg
次はボディーです。
ウキ本体にカーボンソリッドを固定します。固定の際は、羽根の取り付けバランスを考え、
位置決めをします。
位置決め完了後、カーボンソリッドにプラ製ソリッドをスペーサー代わりに瞬間接着剤で
接着します。
この時、スペーサー代わりのプラ製ソリッドは、下側を先に接着します。
下側接着後、ウキ本体をカーボンソリッドに通します。
その後、上側のプラ製ソリッドを下側と同じように接着します。

tsuriblo0085.jpg

tsuriblo0086.jpg
写真のようにソリッドにウキを通したら、エポキシ接着剤でウキ本体と、プラ製ソリッド
を上下とも接着します。

tsuriblo0087.jpg
だんだんウキらしくなってきました。

tsuriblo0088.jpg
そして、羽根の塗装に取り掛かります。
塗装の前に、エポキシ接着剤が硬化していることを確認します。
今回はオレンジで塗装します。
塗装は一気に行わず、何回かに分け多層塗装とします。

tsuriblo0089.jpg
塗装が完了です。
塗装が乾いたら、いよいよウキ本体への取り付けです。

tsuriblo0090.jpg
カーボンソリッドに、羽根を通し、プラ製ソリッドをスペーサーにします。
プラ製ソリッドの位置を決め、瞬間接着剤で固定し、完成です。

ん~、次回の釣行が楽しみです。
手作りは手間が掛かりますが、コストを考えると賢いかと思います。
カーボンソリッドではなく、ステンレス製のソリッドを用いると、
さらにコストダウンが図れます。
市販のウキは高いですからね・・・。

Pagination

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。